メニュー閉じる

  • トップページ
  • 入管業務
  • 国際結婚
  • 就労ビザ
  • 相続・遺言相談
  • 料金表
  • 国際結婚の豆知識
  • ブログ
  • プロフィール
メニュー
SK行政書士事務所 行政書士:小濱史裕

その他|名古屋市の行政書士・SK行政書士事務所

お問い合わせ

052-387-9974

070-6581-9154

営業時間:9:00~18:00(土日祝対応可能)

岡崎市こはま行政書士のブログ

  • 小濱史裕 プロフィール
  • 無料相談受付中 お問い合わせ

カテゴリー:その他

外国にいる子供と一緒に住みたい(連れ子ビザ)

Oct 9. 2015

日本人・永住者・定住者の結婚相手の連れ子(前の夫・妻との間の子)を

呼び寄せたいときは、「定住者」の在留資格で呼び寄せられないか検討することになります。

 

次ぎの条件を満たす場合、

連れ子に「定住者」の在留資格が与えられる場合があります。

○ 外国人親の実子であること

○ 未成年であること

○ 未婚であること

○ 外国人親の扶養を受けて生活していたこと

となっております。 ただし年齢が14歳以上になると審査が厳しくなるのが現実です。

特に、18歳、19歳での申請は許可率が非常に低くなりますので

より若い段階での申請が望ましいと言えます。

外国にいる子供と一緒に住みたい(連れ子ビザ)

 

 

ページトップ

名古屋国際行政書士ビザセンター SK行政書士事務所

052-387-9974

070-6581-9154

営業時間:9:00~18:00(土日祝対応可能)

〒455-0073 愛知県名古屋市港区川西通5丁目7 ウインドム502
旧住所:〒444-0015 愛知県岡崎市中町1丁目6番地3 ビラ東海30I(アイ)

MAP

お問い合わせ

Copyright 2014 SK行政書士事務所 All Rights Reserved.