メニュー閉じる

  • トップページ
  • 許認可申請
  • 国際業務
  • 相続・遺言相談
  • その他サービス
  • 料金表
  • 事件事例
  • ブログ
  • プロフィール
メニュー
岡崎こはま行政書士事務所

許認可申請について|岡崎こはま行政書士事務所

お問い合わせ

0564-74-2273

090-9192-6505

営業時間:8:30~18:00(時間外対応可能)

岡崎市こはま行政書士のブログ

  • 小濱史裕 プロフィール
  • 無料相談受付中 お問い合わせ

カテゴリー:経営・管理(投資・経営)management

経営・管理(投資・経営)ビザ

Oct 11. 2015

日本で経営者経営幹部として働きたい外国人のためのビザです。

 

日本で飲食店などを経営するための在留資格(ビザ)

□ タイ料理店、ベトナム料理店、中国料理店インド料理店など経営したい。

□ 中古車・バイクの輸出、食品輸入など貿易会社を経営したい。

□ 外国人向け経営コンサルティング投資顧問会社を経営したい。

□ 外国語の学校通訳・翻訳会社を経営したい。

このような場合には、経営・管理のビザの取得が必要です。

ただし、日本人の配偶者等や永住者、永住者といったビザをすでにお持ちの方は、在留資格の変更は必要ありません。

 

事業の継続性・安定性

□ 事業所の施設が日本に確保されていること

□ 2人以上の日本在住の常勤職員が従事していること。

または、実質投資額が500万円以上で1名以上の常勤社員が従事していること。

□ 経営幹部として働く場合は、3年以上の経験が必要です。監査役は不可

 

事業計画書(ビジネスプラン)

特に事業を継続していくのに、どのような費用が必要なのか。

売上の計画はどうなっているかを立てていることが大切です。

起業の動機、経営幹部として働く場合は、招へい理由、今後の事業の展開などを

説明していくとよいといえます。

また、事業で販売する商品、提供するサービスのカタログや商品案内等の資料も

添付していくとよいです。

経営・管理(投資・経営)ビザ

1
ページトップ

Copyright 2014 岡崎こはま行政書士事務所 All Rights Reserved.