メニュー閉じる

  • トップページ
  • 入管業務
  • 国際結婚
  • 就労ビザ
  • 相続・遺言相談
  • 料金表
  • 国際結婚の豆知識
  • ブログ
  • プロフィール
メニュー
SK行政書士事務所 行政書士:小濱史裕

フィリピン人VISA|名古屋市の行政書士・SK行政書士事務所

お問い合わせ

052-387-9974

070-6581-9154

営業時間:9:00~18:00(土日祝対応可能)

岡崎市こはま行政書士のブログ

  • 小濱史裕 プロフィール
  • 無料相談受付中 お問い合わせ

カテゴリー:フィリピン人VISA

フィリピン人のVISA申請のサポートをします。-愛知県、名古屋、岡崎市、岐阜県、三重県対応-

Jan 18. 2015

名前 岡崎こはま行政書士事務所

電話 0564-74-2273

FAX 0564-25-0195

営業時間 9:00-19:00(時間外でも相談可能)

ホームページ http://okazaki-gyouseishoshi.com/

E-Mail info@okazaki-gyouseishoshi.com

 

在留資格(ビザ)のことでお悩みでしたら、お気軽にご相談ください^^

私も、緊張しますので、おしゃべりしながら話しましょうね。

 

例えば、

・国際結婚したけど、配偶者のビザはどうしたらいいの?

・日本人と結婚しています。離婚したいけど、離婚したらビザがなくなるの?

・フィリピンに残してきた子供と日本で暮らしたい。

・日本に来て長いので、そろそろ永住権が欲しい。

・雇用したいフィリピン人がいるけど、ビザはどうしたらいいの?

・日本から、アメリカ、韓国、オーストラリアに旅行に行きたい。

 

料金
●初回相談無料

 

●フィリピン法律書類の取得 6500円(税別)~

独身証明書、出生証明書等

書類の取得であきらめている方ぜひ一度ご相談ください。

 

●フィリピン人が再婚のケースでお困りの方 14,000円(税別)~

 

●日本にいないフィリピン人を呼びたい 100,000円(税別)~

※着手金50%、残り50%は成功報酬となります。

 

・日本人と国際結婚したタイ人を呼ぶ場合

・タイ人配偶者の子供(連れ子)を呼ぶ場合

・就労ビザで日本に住んでいるタイ人が、タイに住んでいる配偶者や子を呼ぶ場合

 

●ビザの変更 120,000円(税別)~

※着手金50%、残り50%は成功報酬となります
・日本人と結婚し、結婚ビザ(日本人の配偶者等)に変更する場合

・日本人と離婚して、「定住者」ビザに変更する場合

・日本の会社に就職して就労ビザ(人文知識・国際業務/技術)に変更する場合

・日本で起業して、経営者ビザ(投資・経営)に変更する場合

 

●ビザの更新
前回更新以降、転職や離婚・再婚等していない場合

※着手時一括 30,000円(税別)

 

前回更新以降、転職や離婚・再婚等している場合

※着手金50%、残り50%は成功報酬となります

120,000円(税別)

 

●永住許可申請 80,000円(税別)~

※着手金50%、残り50%は成功報酬となります

 

●翻訳して欲しい(日本語⇔タガログ語) 1文字10円(税別)

手紙、ビジネス文書、法律書類

 

法律書類は

例えば、

独身証明、居住証明、離婚証明、IDカード等は

4000円(税別)

 

フィリピン人のVISA申請のサポートをします。

1
ページトップ

名古屋国際行政書士ビザセンター SK行政書士事務所

052-387-9974

070-6581-9154

営業時間:9:00~18:00(土日祝対応可能)

〒455-0073 愛知県名古屋市港区川西通5丁目7 ウインドム502
旧住所:〒444-0015 愛知県岡崎市中町1丁目6番地3 ビラ東海30I(アイ)

MAP

お問い合わせ

Copyright 2014 SK行政書士事務所 All Rights Reserved.