メニュー閉じる

  • トップページ
  • 許認可申請
  • 国際業務
  • 相続・遺言相談
  • その他サービス
  • 料金表
  • 事件事例
  • ブログ
  • プロフィール
メニュー
岡崎こはま行政書士事務所

許認可申請について|岡崎こはま行政書士事務所

お問い合わせ

0564-74-2273

090-9192-6505

営業時間:8:30~18:00(時間外対応可能)

岡崎市こはま行政書士の事例

  • 小濱史裕 プロフィール
  • 無料相談受付中 お問い合わせ

カテゴリー:

外国人を雇用したいんですけど-岡崎市の行政書士-

Dec 9. 2014

外国人をプログラマとして採用し、日本で雇用したんだけど、会社として協力してあげることはできますか。

この場合は、「技術」の在留資格を取得していこうとします。後述しますが、「在留資格認定証明書」があると、スムーズに上陸できますので

当該外国人を呼びたい会社の役員や従業員が、申請の代理をしてあげることができます。会社は、行政書士等に委任することもできます。

申請時の資料は

①在留資格認定証明書交付申請書

②写真(縦4cm×横3cm)

③専門学校を卒業し,専門士又は高度専門士の称号を付与された者については,専門士又は高度専門士の称号を付与されたことを証明する文書

などが最低でも必要です。

 

在留資格認定証明書とは

外国人が来日する場合には、査証の申請を行い査証を取得したうえで、上陸申請を行って上陸許可を受けなければなりません。

しかし、来日しようとする外国人が、これらの準備を行おうとすると手間がかかるうえ、審査の所要時間も長くなってしまいます。

そこで、在留資格認定証明書制度を利用するとよいです。

これは、日本に上陸しようとする外国人の在留資格該当性を、法務大臣が事前に証明する文書のことです。この証明書を予め取得することによって

当該外国人の査証申請や上陸審査がスムーズに行われるようになります。

この証明書は、本人だけではなく日本に呼び寄せる側も代理して申請し、入手できます。

外国人の雇用

戻る Go Back
ページトップ

Copyright 2014 岡崎こはま行政書士事務所 All Rights Reserved.